楽譜ネット

楽譜ネット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

人事院

人事院が給与の引き上げを勧告
8月8日に人事院は、一般職国家公務員の引き上げるように国会と内閣に勧告した。引き上げは6年ぶり。主に初任給や20代の若手職員を対象とした勧告。先日選挙で負けたばかりの安倍内閣は以下に対処するのか、気になるところ。(続きを読む)


あすは人事院勧告(予定)
国公労連は、8月6日人事院事務総長と勧告にむけた最終の交渉を実施しました。交渉の中で、人事院は8月8日に勧告を行う予定であることを明らかにしまし...(続きを読む)


人事院、国家公務員の給与を6年ぶり引き上げ勧告へ
人事院は今年5〜6月、従業員50人以上の民間の事業所約1万200か所の給与調査を実施し、10〜20歳代の若年層で民間に比べ公務員の給与が低いことがわかった。このため、国家公務員の初任給(大学卒行政職で20万2496円)を数千 ...(続きを読む)


ニュース 人事院勧告
人事院勧告での公務員給与の引き上げ検討????・・・・これだけ借金まみれの国で、社会保険庁の問題あって、働かない公務員と蔑まされ、叩けば信じられないぐらいのホコリが出てくる議員たちに・・・あぁ、もう我慢できない!みなさんのご意見を声高に ...(続きを読む)



人事院勧告 給与引き上げは論外だ
東京新聞
今年の人事院勧告は年収ベースで九年ぶりに給与引き上げを求めた。民間給与の上昇が理由だ。だが財政危機や不祥事への国民批判に耐えられるのか。安倍晋三首相は勧告を凍結すべきだ。 国家公務員は労働基本権が制約されている。その代償措置として国家公務員法などに ...(続きを読む)


公務員給与 6年ぶりプラス勧告 人事院、初任給など若手に重点
フジサンケイ ビジネスアイ
人事院は8日、国家公務員一般職の2007年度の給与について、月給を0・35%、ボーナス(期末・勤勉手当、現行4・45カ月)を0・05カ月それぞれ引き上げるよう国会と内閣に勧告した。月給のプラス勧告は01年度以来6年ぶりで、初任給を含む若年層の基本給を ...(続きを読む)


人事院、国家公務員の給与アップ6年ぶり勧告
産経新聞
人事院は8日、一般職国家公務員の平成19年度の給与について、初任給や20代の若手を中心とした月額給与を0.35%、ボーナス(期末・勤勉手当)は0.05カ月分を引き上げるよう、国会と内閣に勧告した。月給の引き上げは13年以来6年ぶり。 ...(続きを読む)


人事院、慎重に対応=安倍首相
時事通信
安倍晋三首相は8日夜、公務員給与の引き上げを求めた人事院勧告の取り扱いについて、「国民の理解が必要だ。その観点から財政状況、経済状況を考慮してよく議論する。結論ありきではない」と述べ、慎重に対応する考えを示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。(続きを読む)





スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。